【浜松市】不動産買取・売却査定業者ランキング!マンション・戸建て・土地等の買取におすすめの業者を厳選!

一般的な不動産買取の流れ

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/29

浜松市で不動産買取を考えていても、初めてだと何から始めるべきかわからないこともあるでしょう。不動産の売却では仲介と買取があり、仲介の買主は個人になりますが、買取は不動産会社になります。取引相手が異なるのでその工程や注意点なども異なります。この記事では浜松市での不動産買取の主な流れと注意点などを紹介していきます。

不動産買取の流れと期間について

まず、不動産買取を浜松市で依頼するときの大体の流れをお話しします。最初に事前の情報収集を行ってから査定依頼し、買取業者の選択をして契約締結、決算をして売った後は確定申告を行います。買取を依頼するときは事前の情報収集が大事で、物件について知識を得てから取引に有利な情報を集めていきましょう。それから業者へ査定依頼をして具体的な金額で価値を把握します。ここは大切な工程なので、時間をかけるべき部分です。

それから実際に取引をする買取業者を選んで交渉をし、内容の確認をして合意をしたら契約を結んで決算します。すべての取引後には確定申告を行い、不動産取引で売却益が出たらすべて確定申告をしないといけません。不動産買取だと仲介と比べて取引期間が大変短くなります。これは買主が個人ではなく、不動産会社であるためです。

仲介では物件の買主は個人になるため、物件を手に入れたい人を見つけるためにいろいろな宣伝活動が必要となってきます。そのため契約が成立してから入金されるまでの期間の予測が難しく、買い手が見つからないと長期間売れないことになります。

買取だと買主は業者になり、実際に買い取ってくれるところが見つかれば最短だと1週間ぐらいで契約が結べます。具体的には査定や法規制、インフラの状況確認などで約5日間は必要で、契約条件の相談なども含めて約1週間です。最短で買い取ってほしいときは、事前に必要書類なども準備しておくとよりスムーズに進められます。

不動産買取の準備で相場や査定を依頼する

不動産買取を浜松市で依頼するときは、事前準備として不動産の相場を調べることが大事で、自分の不動産相場がどれくらいかをある程度把握しておくと、不動産会社選びや買取額の交渉にも活用ができます。自分で割り出した相場を基準に会社の査定額の損得も判断でき、交渉する前に調べた相場を引き合いに出せば買取額が上がる可能性もあります。

次に査定依頼をし、自分の物件の査定額を具体的に調査してもらうことで、業者が一体いくらで買い取ってくれるかがわかります。注意したいのが1つの業者だけに依頼をしないことです。他の業者の査定額がわからないと金額が妥当なのか比較ができません。査定依頼は複数社へ依頼するようにしましょう。

査定には、簡易査定と訪問査定の2つがあります。簡易査定は築年数・構造など基本的な情報をネットのフォーマットに入力すれば、大体の査定額を提示します。実際に不動産業者へ出向く必要がないので手間や時間をかけないで査定額がわかりますが、データだけが査定額の根拠となるので、実際の物件の条件は反映されません。実際の金額とは開きが出ることも多いので、あくまで参考程度にしましょう。

訪問査定は業者が実際に物件を確認して金額を提示するので、正確で具体的な金額を出してくれます。訪問で出た査定額が買取額と考えてよいですが、実際に業者と会ってやり取りをするので手間や時間がかかります。複数の業者へ依頼すると負担がかかるので、訪問査定は簡易査定を行ってある程度業者を絞ってから行うのがおすすめです。

買取依頼をする不動産会社の決め方

事前準備を行ったら今度はそれを目安に、査定を依頼した業者から実際に取引をする業者を決めていきます。このときに確認したいのが、提示された買取額に納得ができるかどうかで、査定金額を軸にして業者を絞っていきます。明らかに他よりも高い査定額を出す業者は要注意です。他の業者と比較して異常に安い場合には、業者をよく調べて信頼できるか確認することをおすすめします。他の企業とのバランスを見ながら、平均的かつ納得できる金額を出してくれる業者を探すことが重要です。

また買取の実績があるかどうかも大事なポイントとなります。不動産会社には仲介と買取があり、仲介が得意なところと買取に特化した会社があるので、会社の特徴やそれまでの実績を調べておきます。実績は買取をした件数や実際のユーザーの評価で判断可能で、業者のホームページに掲載されている情報から得られますし、ホームページがないと基盤が整っていない会社ともいえます。

業者と買取金額を決めたら物件の引き渡し条件を相談します。具体的には引き渡しなどのスケジュールや必要な書類確認、引き渡すときの詳細な条件などです。確認作業をしないと家具の処分費やリフォーム費などを後から請求される、入金日も売主は翌日にされると思っていたら実は翌月だったなどのトラブルも多くあります。

必要書類など確認が終わると合意のもと契約成立になり、契約の締結では契約書や契約約款などをよく読んで内容の最終確認をし、最後に契約書へのサインと押印をします。

 

ここでは買取を検討する最初の行程から、契約を行うまでの主な流れについて紹介しました。ここで紹介したことを把握してから、一つずつ丁寧に段階を踏んでいけばスムーズに問題なく取引ができます。失敗を防ぐためにも正しい知識を学んで成功を目指すようにしましょう。

【浜松市】不動産買取・査定業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名センチュリー21中央不動産
(中央不動産株式会社)
遠鉄不動産マストレあららぎ不動産(浜松不動産買取センター)静岡セキスイハイム不動産
特徴早期売却が可能
現状のまま買取可能
宅地建物取引士を保有する社員90%
徹底した社員教育
強力なネットワークでスピーディーな売買地域を知るスタッフが多数在籍
スピーディーな査定と買取
不動産売買をワンストップサービスで対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索