【浜松市】不動産買取・売却査定業者ランキング!マンション・戸建て・土地等の買取におすすめの業者を厳選!

新築と中古の不動産買取の違い

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/29

浜松市は静岡県内の政令指定都市として各種インフラが整っています。その一方で綺麗な海があり、郊外エリアでは豊かな自然にも恵まれており、住環境はよいといえるでしょう。そんな浜松市の住宅需要は高く、魅力的な不動産も数多くあります。今回は、浜松市の新築住宅と中古住宅の不動産買取の違いに関してお話ししていきます。

浜松市の中古物件の不動産買取について

浜松市は中心地から少し離れると豊かな自然があり、住みやすいエリアといえます。そんな浜松市で所有している中古物件の売却をして、念願のマイホームを建てたいと考えている人もいるのではないでしょうか。中古物件を売却する際には、仲介と不動産買取の2つの方法があります。

仲介とは不動産会社に依頼の上、仲介で買い手を探してもらう方法です。買い手は個人になるので、広告・宣伝を行って募集する必要があります。対して不動産買取は、物件を不動産会社に買い取ってもらうことで、相手がプロである不動産会社そのものになるので、比較的トラブルが発生しにくいといわれています。

浜松市で中古物件の買取をしてもらうメリットはいくつかあります。まずは、仲介手数料が掛からないという点です。一般的に仲介の場合だと、仲介手数料として(売却額×3%+6万円)+消費税が掛かります。他にも、物件に問題が見つかった際に瑕疵担保責任というものが発生しないのも、買取のメリットの一つです。

中古物件の場合は、築年数やメンテナンス状況にもよりますが、どうしても経年による劣化があります。仲介だと瑕疵担保責任があるため、売却した中古物件に問題が発生した場合に、予想外の費用負担が発生するケースもないとはいいきれません。中古物件の不動産買取をしてもらう場合、現状のままで瑕疵担保責任なしで買取をしてもらえるというのは、非常に大きな魅力の一つといえます。

浜松市で新築物件を購入するときのポイント

先述したとおり、浜松市は住宅エリアとして人気のあるところです。そんな浜松市の新築物件についてもお話ししていきましょう。新築物件と一言でいっても、マンションなのか戸建てなのかで選ぶポイントはかなり変わってきます。

マンションの場合は、不動産会社などが立地を決めて、建物から各部屋まであらかじめ設計して建てるため、決まったものから選択するようなイメージになります。一方で戸建ての場合は、建売住宅や注文住宅でまた変わってきます。建売住宅の場合はマンションと少し似ており、すでに決まった立地や設計プランなどから選択する流れとなります。

しかし新築の戸建ての中でも注文住宅の場合は、土地から建物、設備や内装にいたるまで、ほぼすべてにおいて買い手が自由に選択できます。新築の注文住宅を建てる際に、どんなところをポイントにしていったらよいのかを紹介していきます。

まずは、何よりも土地が重要です。ライフスタイルなどのことも考慮し、生活するのにできるだけ便利な土地を選ぶことが、注文住宅を成功させる大きな一歩となるでしょう。土地が決まったら、今度は「どのような家を建てるか」を住む人みんなでじっくりと話し合っておきましょう。内装は建てたあとでも比較的簡単に変えることができますが、間取りなど躯体に関わるようなことについては簡単に変えられませんので、時間をかけて決めていく必要があります。

また、業者選びも重要なポイントの一つです。よい業者と出会えれば、的確なアドバイスももらえますし、よりスムーズに希望に合うマイホームを建てることができるでしょう。

新築と中古の不動産買取の違いは?

ここまで、浜松市での中古の不動産買取、新築物件を購入する際のポイントについて説明してきました。浜松市で、中古物件を購入するか新築物件を購入するかで迷っている人も、中にはいるのではないでしょうか。中古物件と新築物件ではどんなところに違いがあるのでしょうか。

中古物件の中には売主が不動産会社になる場合と、一般の個人になる場合があります。前者の場合、不動産会社が買取をした後に付加価値を付けて再販するために、リノベーションなどをしていることが多いのが特徴です。後者の場合は不動産会社の仲介を通して個人から買うもので、物件によっては内装や設備が古いままだった、問題のある物件だったというケースもあります。

まずは希望の立地や間取りなどの条件に合う物件が見つかれば、一度見てみることをおすすめします。中古とはいえ希望に合ったリノベーションがされていたり、求めていた立地だったりする場合には候補に入れましょう。また、中古物件は基本的に新築より価格が安く、立地や広さなどの面で新築以上によい条件で購入できることも魅力のひとつといえるでしょう。

次に、浜松市の新築物件は中古物件に比べると高額になりますが、設備や建物の新しさなど物件としての価値が高いといえます。将来売却する可能性のことや、次の世代に資産として相続することを視野に入れ、長い目でみると価格と価値は均衡しているでしょう。

新築物件についてはマンションと戸建て、戸建ての中でも建売住宅と注文住宅で違いがあります。立地は最も重要なポイントですが、すでに決まったプランから選ぶのか、一から決めていく注文住宅にしたいのかもあわせて検討したいところです。

 

浜松市での新築と中古物件の買取の違いについて説明してきました。新築はその名のとおり、新しくできた物件で、マンションや戸建てなどによってポイントも変わってきます。中古物件の買取は、不動産会社が物件を買い取ることで、その後のリノベーションなどにより室内を新築に近い状態にして再販していることもあります。それぞれの違いを知ることで、家選びや売却の際の参考となるでしょう。

【浜松市】不動産買取・査定業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名センチュリー21中央不動産
(中央不動産株式会社)
遠鉄不動産マストレあららぎ不動産(浜松不動産買取センター)静岡セキスイハイム不動産
特徴早期売却が可能
現状のまま買取可能
宅地建物取引士を保有する社員90%
徹底した社員教育
強力なネットワークでスピーディーな売買地域を知るスタッフが多数在籍
スピーディーな査定と買取
不動産売買をワンストップサービスで対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索