【浜松市】不動産買取・売却査定業者ランキング!マンション・戸建て・土地等の買取におすすめの業者を厳選!

不動産買取にかかる税金の知識

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/29

不動産を手放す際には、個人に売却する「仲介」と不動産会社に買い取ってもらう「買取」で条件は変わるものの、どちらにしても税金と諸経費がかかることは知っておく必要があります。そこで今回は、浜松市における不動産買取での税金と、関連する諸経費についてポイントをお伝えします。

不動産売買取をお願いした際の税金について

浜松市に限った話ではなく全国規模の話となりますが、不動産買取時にはまず「印紙税」と「登録免許税」が掛かります。この2つは必ず発生し、避けられるものではありません。

印紙税は不動産売買の時に契約書に貼り付ける印紙代のことです。正式には「収入印紙」ともいいますが、500万円~1,000万円以下の場合は1万円、5,000万円~1億円になれば3万円という具合に、売買金額によって高くなっていきます。

次に登録免許税ですが、不動産売却時の名義変更の際に掛かる税金になります。「保存登記」と「移転登記」の2つの種類があり、売却時のものは移転登記となるため不動産の固定資産税評価額×2%の計算です。

売却益が出た場合には「譲渡所得税」と「復興特別所得税」が掛かります。仲介でも買取でも共通して、売却益が出た場合には必ず発生しますので注意しましょう。

譲渡取得税は、不動産関係で得た収入である譲渡所得に掛かる税金のことです。譲渡所得=譲渡価格-(取得費用+売却費用)という計算式で算出することがポイントになります。そして最後の復興特別所得税は、復興特別所得税額=基準所得税額×2.1%で算出可能です。名前のとおり、東日本大震災の復興財源に充てられるもので、平成23年から25年間課税される税金と考えてください。

不動産関連の知識がない素人にはすべての段取りをクリアするのは難度が高いので、可能であれば信頼できる不動産会社を選抜して、いろいろとアドバイスやサポートをしてもらうことをおすすめします。

税金以外に掛かる諸経費項目について

税金を算出するための計算式は、いろいろと入り組んだ部分が多くあります。間違いがないようにしたいのならばプロへの依頼が確実ですが、それ以外でも売買に際し多くの経費が掛かることはしっかり把握しておかなければいけません。まず不動産売買ではなく、仲介をお願いした場合に掛かる費用に「仲介手数料」があります。会社によって多少の差はありますが、(売却額×3%+6万円)+消費税で算出されることが多くあります。

他にも、司法書士に依頼するとして5,000~2万円程の抵当権抹消費用が掛かります。状況次第ではローンを一括返済するための費用も必要になり、その際の手数料は大体3万円です。さらに、土地同士の境界線を確定するための測量費用が35~45万円程です。最後に、「戸建て木造建物を更地にして売る」等の場合には、掛かる解体費用が坪単価計算で2~6万円程と計算してください。

他に金銭関係で意識しなければいけないこととして、「保有物件を買取処理と仲介処理のどちらで売った方がよいか」という点です。たとえば、「速やかに買い取ってもらい現金化したい」というような場合は即時買取をお願いした方がよいですが、時間的に余裕があれば買取保証のある会社を選択した方が、相場買取額の7~8割を期待できる可能性もあるという点でメリットがあります。

さらにある程度時間な的余裕がある上、物件の条件にも自信があるという場合でしたら、相場に近い買取をしてくれる可能性が高いという点では仲介を選択した方がよいでしょう。こういったポイントなどもそのまま買取金額に響きますので、必ず詳細をチェックすることをおすすめします。

不動産を高く売却するコツについて

税金を含めて諸経費がいろいろと掛かる以上、できるだけ不動産を高く売りたいと思うのは当然のことです。そのために重要なコツですが、まず必ず売却予定の物件を査定してもらってください。「土地の範囲が広大過ぎて買取先を見つけ難い」「近隣に嫌悪施設がある」などの条件があり、仲介で売却するのが難しい場合などであっても同様です。

現実的に保有物件がどの程度の相場であるのか知った上で取引するのと、相場を知らずに行うのでは大きな差が出ます。昨今はネットなどで大まかな見積もりを複数の業者に一括依頼できるサービスも登場しているため、時間や手間を短縮するために利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、複数の業者に査定してもらうことにはそれなりの理由があります。不動産会社にはそれぞれ強みがあり「小規模だが地域密着型で情報が多いタイプ」「大手で保有物件数が多い代わりに、地域限定の情報などには一手劣るタイプ」など得意分野はまったく違うものです。その得意分野が査定額にそのまま反映されるとことも考慮しないといけません。

そしてこれが最も重要ですが、「必ず信頼できる業者にお願いすること」が大切です。スタッフの接客や店舗内の清掃具合など、細かい部分から会社の方針をうかがい知ることもできますが、とくに重要なのが「相性」です。多額の金銭が動く以上、緊張を強いられる場面も多くあります。そんな中で仮に大手であるにしても、相性の悪い会社と組んでしまえば大きい消耗を強いられることになります。とくに誠実さと精密さの2つに的を絞って、しっかり吟味するようにしてください。

 

「印紙税」と「登録免許税」、「譲渡所得税」と「復興特別所得税」の4点が不動産買取で掛かる税金となります。前者2つは必須であり、後者2つは売却益が出た場合に準備する必要があります。これ以外にも、選択肢次第で仲介手数料など別個の費用も掛かりますので、初心者の場合は必ず信頼できる業者を探して、サポートをお願いすることをおすすめします

【浜松市】不動産買取・査定業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名センチュリー21中央不動産
(中央不動産株式会社)
遠鉄不動産マストレあららぎ不動産(浜松不動産買取センター)静岡セキスイハイム不動産
特徴早期売却が可能
現状のまま買取可能
宅地建物取引士を保有する社員90%
徹底した社員教育
強力なネットワークでスピーディーな売買地域を知るスタッフが多数在籍
スピーディーな査定と買取
不動産売買をワンストップサービスで対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索